Circle Mountain
昔の映画から最新作まで感想交えてレビューしてます。 ちょっとネタばれしてます。                                    TB、コメント共に大歓迎です!!


B L O G T I M E S

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ラスト・サムライ

監督 エドワード・ズウィック
出演 トム・クルーズ 、渡辺謙 、真田広之 、小雪 、原田眞人 、ティモシー・スポール 、ビリー・コネリー 、トニー・ゴールドウィン

lastsamurai.jpg           ドラマ

          配役  ★★★★★
          音楽  ★★★★☆
          概要  ★★★★★
          CG   ☆☆☆☆☆

          おすすめ度  ★★★★★


この作品は、日本人が出ていると言うことでどうなんだろう?どちらかと言うと邦画より洋画の方が好きですし。
始めは、そんな感じで借りて来たのですが・・・
明治維新直後で近代化が進む日本が舞台です。主人公トム・クルーズ演じる南北戦争の英雄が日本を訪れたのはそんな時でした。
彼は、侍に敵対する官軍の教育役として日本を訪れ、その官軍と侍との戦闘で捕われの身となってしまいます。
捕虜となった主人公が見たものは・・・古き良き日本の風景や生活。
侍の侍としての生き方や、信念。そこで生活している昔の日本人の考え方などに次第に惹かれていきます。
そして、いつも間にか、この侍達と行動をともにするようになるのです。
正義と悪。混沌としたこの時代で区別することは非常に難しく、この映画でも、双方の言い分も理解できるところがありました。
昔の日本の美しい風景やピーン張り詰めた静寂を纏う侍と圧倒的な戦闘シーンが上手く交わりながら緩急をつけたストーリー展開に時間を忘れて見入ってしまいました。
正に、武士道の静と動といった映画です。
有名な渡辺謙の叫ぶシーンは本当に圧巻でした。身震いが出てくるような、魂に訴えかける迫真の演技でした。
衝撃のラストシーンでは、思わず胸が熱くなってしまいました。
渡辺謙が第76回アカデミー賞、助演男優賞にノミネートされた理由がわかる気がします。
主人公のトム・クルーズもいい役なんですけど、それ以上に、渡辺謙が凄すぎて・・・
完全に食われちゃっています。



実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


アクセス解析

[ラスト・サムライ] のレビューを読む
スポンサーサイト


  1. 2005/02/28(月) 22:08:46|
  2. <ら行>|
  3. トラックバック:14|
  4. コメント:11

祝!200作品達成!!

いや~やりました!
blogを始めて、早3ヶ月。映画のレビューもやっと200作品になリました。
3日坊主の私がこんなにも続くとは・・自分でも、ビックリです。
見てくれている人達に感謝感謝です。やっぱり、TBとか、コメントとか貰えると凄くうれしくて、また頑張ろう!って気持ちになります。
今後も、まだ書けていない映画もあるので、それを少しずつアップできたらと思います。

それにしても、始めた頃のレビューは短いし、内容が全くわかりませんね・・・
こんなショボいのにTB貰ったり、お恥ずかしい・・・
時間があったらちょこちょこ修正していこうかな。

これからも、映画見まくるぞ~!


実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←






  1. 2005/02/27(日) 18:21:45|
  2. <ご案内>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

恋しくて

監督 ハワード・ドイッチ
出演 メアリー・スチュアート・マスターソン 、エリック・ストルツ 、リー・トンプソン 、クレイグ・シェーファー 、ジョン・アシュトン

koisikute.jpg           ラブストーリー

          配役  ★★★★★
          音楽  ★★★★☆
          概要  ★★★★★
          CG   ☆☆☆☆☆

          おすすめ度  ★★★★☆


主演のメアリー・スチュアート・マスターソンには思いを寄せる男性がいた。しかし、この男性は、別の女性に恋しているのです。
誰でも、青春時代に一度は経験がある片思いの切ないお話です。
とにかく、主演のメアリー・スチュアート・マスターソンが可愛いのです。
ボーイッシュな外見に隠された本当の気持ち・・・好きであるがゆえの行動や、思い通りにならないもどかしさなど、誰もが経験しそうな所が非常によく描かれていてます。
ストーリーはとてもシンプルなのですが、上手く作られていて、一級品のラブストーリーに仕上がっています。
シンプルなので、変に気を回して見なくても良いので映画に入り込んでしまいます。
ラストシーンもハッピーエンドでこれまた好印象!
これほど、ストレートなラブストーリーは、なかなかなく、こういう映画、結構好きです。
懐かしい青春時代が蘇る感じにドキドキしてしまいました。
敵役にはリー・トンプソンとこれまた配役の勝利だと思います。
この作品の頃はリー・トンプソン、人気がありましたから。



実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[恋しくて] のレビューを読む

  1. 2005/02/27(日) 18:14:14|
  2. <か行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

ジャンヌ・ダルク

監督 リュック・ベッソン
出演 ミラ・ジョヴォヴィッチ 、ジョン・マルコビッチ 、ダスティン・ホフマン 、フェイ・ダナウェイ 、パスカル・グレゴリー 、ヴァンサン・カッセル

jyannnudaruku.jpg           ドラマ

          配役  ★★★★☆
          音楽  ★★★☆☆
          概要  ★★★★☆
          CG   ☆☆☆☆☆

          おすすめ度  ★★★☆☆


15世紀フランス、100年戦争の真っ只中に現れた「ジャンヌ・ダルク」。彼女は、フランス救国の英雄として称えられている。
そんな主人公をリュック・ベッソン監督が、独自のエピソードも交え忠実に再現した作品。
英雄であると同時に聖女としても知られているジャンヌ・ダルク。
誰にでも優しく、信仰心に厚く、最後は火あぶりで死んでしまった悲劇の女性・・・
が、この作品では、そういう感じではありませんでした。
どちらかと言うと、もっと人間くさいと言うか。わがままだったり、自分勝手だったり、一種の狂気も感じてしまいます。途中「ムカッ!」とくる時がありました。
カリスマ性があるということ、リーダーシップがあるということ、人の先頭に立つ人とは、こんなものかもしれません。
これは、監督の意図した事だと思いますが、ちょっとイメージが違います。
それでも、CGに頼らない戦闘シーンなどは迫力満点で、ラストシーンに至る過程も様々なところに伏線が張ってあり、見所は沢山あります。
当時の戦争中という極限状態のリアルさは伝わってます。
そういえば、リュック・ベッソン監督はフランス人だったような・・・自国の英雄を描いたって事ですか。
歴史上語られているジャンヌ・ダルク・・・彼女も人間ですから。



実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[ジャンヌ・ダルク] のレビューを読む

  1. 2005/02/26(土) 22:13:14|
  2. <さ行>|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:0

イングリッシュ・ペイシェント

監督 アンソニー・ミンゲラ
出演 レイフ・ファインズ 、クリスティン・スコット・トーマス 、ジュリエット・ビノシュ 、ウィレム・デフォー 、コリン・ファース

inglishpatient.jpg            ラブストーリー

          配役  ★★★★☆
          音楽  ★★★☆☆
          概要  ★★★★☆
          CG   ☆☆☆☆☆

          おすすめ度  ★★★☆☆


舞台は第2次世界大戦中のイタリア野戦病院、全身にやけどを負い保護された1人の男。彼は全ての記憶をなくした冒険家だった。
この野戦病院で看護士として働く、一人の女性。この女性は男の事を「イギリス人患者」と呼んだ。
戦争と言う転機によって、人生が狂ってしまった2人の切ない恋物語です。
砂漠の灼熱の中、懸命に看病し、そして自分もまた癒されていく。美しい映像で過去、未来から今を綴ります。
上手く表現できないのですが、とにかく綺麗な映画なんです。詩の世界というか・・・なんと言うか。
物凄く面白かったと言うわけではありませんが独特の世界に引き込まれました。
全てがゆっくりと流れるような感じで見る人によっては、途中、眠くなってしまうかもしれません。
ちなみに、この映画は1997年のアカデミー作品賞ほか、全9部門を受賞した大作です。




実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[イングリッシュ・ペイシェント] のレビューを読む

  1. 2005/02/25(金) 23:57:08|
  2. <あ行>|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

インデペンデンス・デイ

監督 ローランド・エメリッヒ
出演 ウィル・スミス 、ビル・プルマン 、ジェフ・ゴールドブラム 、メアリー・マクドネル

independenceday.jpg           パニック

          配役  ★★★★★
          音楽  ★★★★★
          概要  ★★★★★
          CG   ★★★★★

                     おすすめ度  ★★★★★


こういう映画大好きです。かなり面白かったです。
地球外生命体の地球侵略と言う単純なテーマなのですが、見せ方が上手いのでしょうか?とにかく面白かった。
単純が故の分かりやすさもプラスに働いています。
ある日、無数のUFOが地球に飛来します。それは、世界各地の都市上空に停止し、一斉に攻撃を始めるのです!!!
地球外生命体と、人類の生き残りをかけた戦いがスタートします。
ウィル・スミスがパイロットに扮し巨大UFOから次々に迫り来る攻撃型UFOと空中でのバトルを繰り広げます。
CGを駆使した破壊シーンは圧倒されるほどの大迫力で声を失ってしまいました。
この他にも、実在はするが謎だらけのエリア51(UFOファンにはおなじみ)の全貌も紹介されたり、敵UFOでの攻防など見所満載です!
更には、酔っ払いオヤジの活躍と言う泣かせどころも盛り込まれ充実した内容だと思いました。
このオヤジのラストシーンでは鳥肌が立ってしまいました。
途中で行われるアメリカ大統領の演説は、ナチスドイツ総統ヒトラーを髣髴とさせる抑揚のつけ方でとても印象的でした。



実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←



[インデペンデンス・デイ] のレビューを読む

  1. 2005/02/24(木) 22:29:59|
  2. <あ行>|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:8

グリマーマン

監督 ジョン・グレイ
出演 スティーブン・セガール 、キーネン・アイボリー・ウェイアンズ 、ボブ ガントン 、ブライアン コックス 、ミッシェル・ジョンソン

gurima-man.jpg          アクション

          配役  ★★★☆☆
          音楽  ★★★☆☆
          概要  ★★★☆☆
          CG   ★☆☆☆☆

          おすすめ度  ★★★☆☆


今回のスティーブン・セガールはなんと、相棒がいます。今までは、割と単独自分勝手ヒーローでいたが、今回は違います。
犯罪心理に詳しい刑事役として物語がスタートします。ストーリーは猟奇殺人が起こりそれを調べる刑事(スティーブン・セガール)とその相棒。しかしその矢先、次の殺人事件が起きてしまいます。そして、犯行現場でセガール自身の指紋が発見されてしまうのです。この事件を追うセガールと相棒!
今までは、テロリストやマフィアなんかの相手ばかりしてきたセガールですが、今回は殺人犯。いつもと違う相手でどうなるのかと興味津々でしたが・・・
なんてことはありません。相変わらずのド派手アクションと無敵ぶりは健在です。
しかし、いくら映画とはいえ強すぎます。本人は、気持ち良いんでしょうね・・・
その、あまりの強すぎになんだかな・・・
痛快でしたが嘘くさくもありました。
今までで、セガールが弱かった?といえばエグゼクティブ・デシジョンで吹っ飛ばされた事ぐらいしか思い浮かびません。



実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[グリマーマン] のレビューを読む

  1. 2005/02/23(水) 23:56:13|
  2. <か行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アイス・エイジ

監督 クリス・ウェッジ
声優 レイ・ロマーノ 、ジョン・レグイザモ 、ジャック・ブラック

20050222164438.jpg          ドラマアニメ

          配役  ★★★☆☆
          音楽  ★★★☆☆
          概要  ★★★★☆
          CG   ★★★★★

          おすすめ度  ★★★★☆


アニメといえばディズニーと思いがちですが、この作品は違います。20世紀フォックスが手がけています。
しかし、いったん始まってしまえばディズニーかと思うほどですが・・・
内容的には、自然の厳しさや友情の大切さ、命の尊さといったものがテーマとなっております。
舞台は、2万年前の地球。氷河期が到来し、生き物は皆、南に大移動を始める・・・
物語はとある出来事で偶然であった、マンモス、ナマケモノ、サーベルタイガーと人間の赤ちゃん達の果てしない旅です。
しかし、その旅の道は厳しく、様々な困難が待ち受けているという感じです。
最近のディズニーは「泣かせよう・感動させよう」みたいなオーラがヒシヒシと伝わりすぎで逆に冷めてしまっていたのですが、この作品はなかなか良かったです。
ラストシーンでは結構泣いてしまいました。それまでにたどり着くステップも良く出来ていて、動物なのに、妙に人間っぽいところ(表情とか)とか感情移入してしまいました。
笑いあり、教訓あり、感動ありといい作品に仕上がっています。
日本語吹き替え版では、竹中直人と山寺宏一と太田光なのですが、コレがなかなかハマリ役で違和感はまったくありませんでした。
ディズニー作品だと勘違いしてレンタルし、20世紀フォックスなので「パクリか」と思い期待していなかったのですが、思いのほか面白かったので、★4つ!


実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[アイス・エイジ] のレビューを読む

  1. 2005/02/22(火) 20:32:13|
  2. <あ行>|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:2

<今後の掲載予定2>

今後掲載していく予定の映画を自分の纏めも兼ねて書き出してみたいと思います。

・グリマーマン
・インデペンデンス・デイ
・イングリッシュ・ペーシェント
・ジャンヌ・ダルク
・恋しくて
・ラストサムライ
・MIB2
・ミッション・トゥ・マーズ
・ムーラン
・ファインディング・ニモ
・パニックルーム
・パッセンジャー57
・パーフェクト・ストーム
・プラトーン
・ポカホンタス
・レザボア・ドックス
・セブンイヤーズ・イン・チベット
・シュリ
・シックス・センス
・トータル・リコール
・アダムス・ファミリーシリーズ
・アラジン
・オールウェイズ
・バットボーイズ
・ビーチ
・ブレアウィッチ・プロジェクト
・クロウ
・ファイナル・ディスティネーション
・ファイナル・ファンタジー
    ・
    ・
    ・
まだまだ、書く映画たくさんあります。頑張るぞー!



  1. 2005/02/21(月) 23:37:21|
  2. <ご案内>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

グリーン・マイル

監督 フランク・ダラボン
出演 トム・ハンクス 、デビッド・モース 、ボニー・ハント 、マイケル・クラーク・ダンカン 、ジェームズ・クロムウェル 、マイケル・ジェダー 、グラハム・グリーン

20050219105844.jpg         ヒューマン

          配役  ★★★★★
          音楽  ★★★★☆
          概要  ★★★★★
          CG   ★★★☆☆

          おすすめ度  ★★★★★


フランク・ダラボン監督と言えば私は、ショーシャンクの空が真っ先に思い浮かびます。しかも、原作も同じスティーブン・キングです。
ショーシャンクの空もとてもいい映画でしたので、とても期待して見ました。同じく刑務所での物語です。
ある事件で入所してきた犯人は大男の黒人でした。トム・ハンクス演じる主人公の刑務所看守はこの黒人が入所して依頼様々な不思議な出来事を体験します。そして、ついにこの黒人が冤罪だと言うことに気が付くのです。そして何とか、救おうとするのですが・・・
大恐慌時代の刑務所をリアルに再現したこともあり、他の入所している囚人の死刑執行シーンなどは目を覆いたくなるほどで、悪役看守役には腹が立つなど、どんどんと引き込まれてしまいました。
様々なテーマ(人の命とは、命の尊さとは、死についてなど)が絡み合って見ごたえが十分にあり、考えさせられることが沢山あります。
時間的には3時間を越える大作なのですが、最後まで飽きることなく一気に見てしまいました。
黒人死刑囚と主人公の最後の会話がとても印象的で、どこまでも優しい黒人死刑囚に心を打たれます。ラストシーンも感動で、涙が溢れてきました。
タイトルの「グリーン・マイル」とは、刑務所での死刑執行部屋(電気椅子)への通路のことです。

[グリーン・マイル] のレビューを読む

  1. 2005/02/20(日) 21:06:22|
  2. <か行>|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

フェア・ゲーム

監督 アンドリュー・サイプス
出演 ウィリアム・ボールドウィン 、シンディ・クロフォード 、スティーヴン・バーコフ 、クリストファー・マクドナルド 、ミゲル サンドヴァル

20050219105810.jpg           アクション

          配役  ★★★☆☆
          音楽  ★★★☆☆
          概要  ★★★☆☆
          CG   ★★☆☆☆

          おすすめ度  ★★★☆☆



とある事件に巻き込まれたやり手の女弁護士とこの事件を追う殺人課の刑事。
蓋を開けてみれば巻き込まれたのではなく、狙われたと言うことに気が付きます。ココに元KGBまで絡んできて、大変なことになります。
女弁護士役のシンディ・クロフォードの映画初出演作品としても話題になりました。
私的にはそれほど面白くなかったです。結局犯人グループに狙われるだけでそれから逃げると言う単純すぎるストーリー。
しかも、何故そうなったのかとか意味不明・・・
しかも、なんで、男のシャワーシーンなんか見なくちゃいけないのか。緊迫しているアクション映画に仕上がっていればもう少し見ごたえがあったのかも知れません。なんだか、エロティックを盛り込んである分、印象が薄い感じです。
更に、何であんなに犯人達が弱いのか?元KGBでしょ?!プロでしょ?!って感じでした。
あまり深いことまで気にせずに単純なドンパチエロティック映画だと思えばそれなりです。
でも、女性は面白いのか?とふと思いました

[フェア・ゲーム] のレビューを読む

  1. 2005/02/19(土) 21:27:39|
  2. <は行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ダイナソー

監督 ラルフ・ゾンダッグ 、エリック・レイトン
声優 D.B.スウィーニー 、ジュリアナ・マルグリーズ、アルフル・ウッダード、オジー・デイヴィス、マックス・カセーラ

20050216231414.jpg           ディズニー

          配役  ★★★☆☆
          音楽  ★★★☆☆
          概要  ★★★★☆
          CG   ★★★★★

          おすすめ度  ★★★☆☆



物語は約6500万年前の白亜紀、1つの卵が他の卵と離れ離れになり、最終的にはキツネザルに行き着き育てられます。そして、平和に暮らしているのです。
しかし、その平和な生活があることをきっかけに一変します。そう、巨大隕石が地球に衝突するのです!!
生き残った恐竜達は荒れた大地を捨てオアシスを求めて旅立つのです。
全編CGアニメーションは素晴らしい出来ばえで、実写?の背景と相まって見ているこちらを圧倒します。
結局のところ、恐竜に姿を変えた人間ドラマが展開される訳で、忘れてはいけない物はコレだ!見たいな話です。この辺はディズニーの真骨頂だとは思いますが、それ以上に踏み込んだ何かがあるわけではなく、言ってみれば単純な作品でした。ま、子供向けですから。
素晴らしいCG映像だけでも、見る価値があるかも知れません。


[ダイナソー] のレビューを読む

  1. 2005/02/18(金) 15:13:40|
  2. <た行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

エントラップメント

監督 ジョン・アミェル
出演 ショーン・コネリー 、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 、ビング・レイムズ 、ウィル・パットン 、モーリー・チェイキン

20050216231424.jpg           アクション

          配役  ★★★★☆
          音楽  ★★★★☆
          概要  ★★★★☆
          CG   ★☆☆☆☆

          おすすめ度  ★★★☆☆



伝説の大泥棒をショーン・コネリーが演じています。そして、この大泥棒を追う保険会社のやり手女性調査員。
しかし、いつしか2人は信頼関係を築き、80億ドルの大仕事をすることになる。
ショーン・コネリー共々、カッコイイ大泥棒に仕上がっています。
不思議とショーン・コネリーの映画はカッコイイ作品が多いように感じます。ま、いい役が多いということかもしれませんが。
ストーリーも謎解き要素もあり、展開も2転3転で、見飽きることもありませんでした。しかし、なんとなく、単純と言うか・・・
とりあえずは、カッコイイ映画であったと言うことは間違いありませんが、ちょっと物足りない感じもありました。

[エントラップメント] のレビューを読む

  1. 2005/02/17(木) 22:53:17|
  2. <あ行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

DNA ドクターモローの島

監督 ジョン・フランケンハイマー
出演 バル・キルマー 、マーロン・ブランド 、デヴィッド・シューリス

20050216231407.jpg          SF

          配役  ★★★☆☆
          音楽  ★★★☆☆
          概要  ★★★☆☆
          CG   ★★☆☆☆

          おすすめ度  ★★★☆☆\r



H・G・ウェルズの古典「ドクター・モローの島」の映画化作品です。タイトル通りDNA操作の末に生まれた異型な者のストーリーです。
南太平洋を漂流していた主人公は、助けられた貨物船によってとある島に運ばれます。
そこには行方不明になったノーベル賞科学者が密かに研究・実験を続けているのです。その研究と言うのが、DNA操作によって獣から新たな人間を創り出そうというもので、島にはその実験で創られた獣人が沢山います。
言ってみればB級作品です。私個人的にはそれほど面白いという感想は持ちませんでした。「ま、こんなもんかな」くらいで。
現在はDNA操作によって人工的に誕生した動物もいますが、それの最終型と言うことでしょう。現実的に可能なだけに、ちょっと恐ろしくなります。

[DNA ドクターモローの島] のレビューを読む

  1. 2005/02/16(水) 23:42:11|
  2. <た行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

いまを生きる

監督 ピーター・ウィアー
出演 ロビン・ウィリアムズ 、イーサン・ホーク 、ロバート・ショーン・レナード 、ゲイル ハンセン 、ジョシュ・チャールズ 、ノーマン・ロイド

20050215222808.jpg          ドラマ

          配役  ★★★★★
          音楽  ★★★★★
          概要  ★★★★★
          CG   ☆☆☆☆☆

          おすすめ度  ★★★★☆


青春ドラマです。ロビン・ウィリアムズ演じる英語教師が全寮制の名門校に赴任してきます。
型破りな英語教師と生徒との心の授業、本当の教育には目を見張る物があります。生徒の様々な悩み事など、ストーリーに不可欠な要素は
とても現実味がありいつのまにか物語りに引き込まれてしまいます。そして、感動のラストへ流れ込みます。
この映画のような先生は、なかなかいないと思いますし羨ましくもなります。
ただ、私は高校の担任には恵まれたと思っています。今の自分があるのもこの先生のおかげだと思っています。
この映画を見ると自分を見つめ直し、正に「いまを生きる」事を考えさせられる事でしょう。

[いまを生きる] のレビューを読む

  1. 2005/02/15(火) 22:46:27|
  2. <あ行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

サム・レヴェンソン


サム・レヴェンソンの詩集「時の試練をへた人生の知恵」と言うのを知ったのは今から2年前。
オードリー・ヘプバーンが好んでいたという詩で2人の息子にもよく読み聞かせていたそうです。
オードリーは社会奉仕活動にも参加していました。
学ぶべき事は、まだまだ沢山あると痛感しました。

その一部を英語が分からないなりに訳してみました。

20050215001401.gif

魅力的な唇のためには、優しい言葉を紡ぐこと。
愛らしい瞳のためには、人々の中の素晴らしさを見つけること。
スリムな体のためには、飢えた人々と食べ物を分かちあうこと。
豊かな髪のためには、日に一度、子供の指で梳いてもらうこと。
バランスのためには、決して一人で歩むことがないと知ること・・・
人間は、物よりもはるかに多く回復し、復活し、生きかえり、再生し、報われることが必要なのです。
くり返し、くり返し報われることが・・・
決して何人たりとも見捨ててはなりません。
思いだして下さい。助けてくれる手が必要なとき、自分の腕の先にその手があることを。
年をとると、人は、自分に二つの手があることに気がつきます。
一つの手は、自らを助けるために。
もう一つの手は、他者を助けるために。




アクセス解析

アクセス解析



  1. 2005/02/14(月) 21:33:58|
  2. <Coffee Break!>|
  3. トラックバック:5|
  4. コメント:4

ディアボロス

監督 テイラー・ハックフォード
出演 キアヌ・リーブス 、アル・パチーノ 、シャーリズ・セロン 、ジェフリー・ジョーンズ 、ジュディス アイビー

20050213152357.jpgホラー

配役  ★★★★★
音楽  ★★★★★
概要  ★★★★★
CG   ★★★★☆

おすすめ度  ★★★★☆


アル・パチーノとキアヌ・リーブスの共演作品。
キアヌ・リーブス演じる若手弁護士が破格の好条件で引き抜かれます。
しかしその世界は金と悪に満ちた世界で高みを志す若手弁護士は家庭をかえりみずに仕事に没頭します。
そのうちこれに疲れた妻がノイローゼとなり、奇妙な幻覚を見始めます・・・仕事と家庭の板ばさみになった主人公・・・
アル・パチーノはさすがに上手くこの難しい役を怪演しています。
悪魔をモチーフにした映画なのですが、視覚的に恐ろしいと言うよりは精神的に恐ろしいと言う感じです。
音楽も、「ザ・ローリング・ストーンズ」の「黒く塗れ!」とダークな雰囲気満点です!
ラストはあっけないですが、十分に見ごたえのある映画で発想が面白いです。


[ディアボロス] のレビューを読む

  1. 2005/02/13(日) 15:37:46|
  2. <た行>|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

アイ・ロボット

監督 アレックス・プロヤス
出演 ウィル・スミス 、ブリジット・モイナハン 、ジェームズ・クロムウェル

20050211224112.jpgSF

配役  ★★★★☆
音楽  ★★★★☆
概要  ★★★★★
CG   ★★★★★

おすすめ度  ★★★★☆


時は2035年、人間とロボットが共存する世界となっています。「3つの原則」を与えられ、ロボットは「人間には決して危害を加えないはず」だったのですが・・・
ある日、ロボットの生みの親と言われていた博士がビルから落ちて死んでしまいます。
事件解明、犯人逮捕を目指しウィル・スミス演じる「ロボット嫌いな刑事」が捜査に乗出します。
今までのイメージとは違い、斬新なデザインの最新型ロボットがとても新鮮です。
犯人が誰なのか、その他様々な要素が絡みついて物語が進み最後まで一気に見てしまいました。
ロボットを通して哲学的な要素も盛り込まれており、単純な娯楽作の枠には収まりきれません。
2035年・・・あと30年です。
一体どうなるんでしょう?私が生きていられるうちにこんな世界がくるのでしょうか・・・
近い将来、この映画のような世界が本当に来るのであれば楽しみな反面、少し恐ろしいとも感じてしまいました。


<ロボットに与えられた3原則>
一. ロボットは、人間に危害を加えてはならない。
一. ロボットは、人間から与えられた命令に服従しなければならない。
一. ロボットは、前掲第一条及び第二条に反する恐れのない限り、自己を守らなければならない。



[アイ・ロボット] のレビューを読む

  1. 2005/02/12(土) 01:18:21|
  2. <あ行>|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:5

パッション

監督 メル・ギブソン
出演 ジム・カヴィーゼル 、モニカ・ベルッチ 、マヤ・モンゲルステルン

20050211124723.jpgドラマ

配役  ★★★★★
音楽  ★★★★☆
概要  ★★★★★
CG   ★★★☆☆

おすすめ度  ★★★★☆


凄い衝撃の映画です。
メル・ギブソンが構想に12年を要しキリストの最後の12時間を、新約聖書のマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの4つの福音書の記述を基に構成され忠実に再現された魂の一作。
舞台は紀元前1世紀のエルサレム。12使徒のひとりであるユダの裏切りによって捕らえられた彼は、鞭打ちの拷問をうけ十字架を背負わされ、丘の上まで歩いていきます。
人間の残酷さ、傲慢さ、群集心理が強烈で見ていて目を背けたくなる生々しいシーンばかりでした。それに対する母(マリア)の愛・・・
子供の頃に聞いたことがあったキリストの最後の12時間。これほどまでに、重く、悲しいものだったとは・・・
全編通して使用されている言葉や衣装も当時の言語などを用いることで、リアリティが一層増しています。主演のジム・カヴィーゼルも絶品の演技です。
DVDに吹き替え版がないのも特徴で、日本語字幕にも監督の意図(日本語字幕を入れる箇所が定められている)が盛り込まれています。
あまりに、残虐なシーンが多いので、得意でない人は注意が必要かと思います。しかし、それだけではない映画であることは間違いありません。
ラストシーンでいくらか救われましたが、「記憶に残る映画」であることは間違いありません。
見終わって、これほど疲れた映画はなかなかありません。




アクセス解析

[パッション] のレビューを読む

  1. 2005/02/11(金) 13:14:38|
  2. <は行>|
  3. トラックバック:18|
  4. コメント:13

ディープ・インパクト

監督 ミミ・レダー
出演 ロバート・デュバル 、ティア・レオーニ 、イライジャ・ウッド 、モーガン・フリーマン 、バネッサ・レッドグレーブ

20050210200030.jpgパニック

配役  ★★★★☆
音楽  ★★★★☆
概要  ★★★★☆
CG   ★★★★☆

おすすめ度  ★★★★☆


この映画も「アルマゲドン」同様、巨大彗星が地球に接近してきます。
しかし、決定的に違うのはなんと、破壊作戦に失敗して地球に衝突してしまうのです。
こちらのほうが、ある意味リアリティがあります。アルマゲドンはちょっと娯楽作品っぽいところもありましたが、こちらはただのパニック映画では片つけられません。彗星衝突という絶望感やそれに至るまでの人間模様などが細かく描かれていて重苦しい雰囲気があります。
ラストシーンも涙なくしては見られません。
地上にいる何も出来ない人達に焦点を当てているため、こちらの方が感情移入してしまうとおもいます。
実際に、起こったときに自分はどうなるのだろうか?どう行動するのか?と考えさせられる映画でした。


[ディープ・インパクト] のレビューを読む

  1. 2005/02/10(木) 20:35:21|
  2. <た行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ディープ・ブルー

監督 レニー・ハーリン
出演 サフロン・バローズ 、トーマス・ジェーン 、サミュエル・L.ジャクソン 、マイケル・ラパポート 、L.L.クール J

20050209235712.jpgパニック

配役  ★★★☆☆
音楽  ★★★★☆
概要  ★★★★☆
CG   ★★★★★

おすすめ度  ★★★☆☆


海の最強生物と言えば・・・そう「サメ」です。このサメが実験の途中人間の知能を持ってしまいます。
太平洋に作られた研究所で行われていた実験でしたが、このサメが逃げ出してしまったからさあ大変!
研究所内の人間達に次々に襲い掛かります。
いったい誰が生き残れるのか、誰がやられてしまうのか全く分からない展開でハラハラドキドキの連続でした。
水中でのサメの動きは物凄く圧倒されてしまいます!とにかく恐ろしいサメが前面に描き出されています。
こんなサメ本当にいたら、絶対逃げられないだろうな~と恐ろしくなりました。

[ディープ・ブルー] のレビューを読む

  1. 2005/02/09(水) 23:57:17|
  2. <た行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ザ・コア

監督 ジョン・アミェル
出演 アーロン エッカート 、ヒラリー・スワンク 、ブルース・グリーンウッド

20050208234700.jpgパニック

配役  ★★★☆☆
音楽  ★★★☆☆
概要  ★★★★☆
CG   ★★★★☆

おすすめ度  ★★★★☆


始めどんな内容か知らずに借りました。そうしたら期待していなかったのもあって結構、面白かったのです。
ストーリー的には、「アルマゲドン」の地中版といった感じでした。
地球の核が異常を起こしてしまいます。再び正常にするために選ばれし9人が地中1800マイルに乗り込むのです。この辺は「アルマゲドン」そっくりです。
現実的にはかなりありえない感じですがストーリー的にも単純で娯楽作としてはなかなかだと思います。。
アルマゲドンをかなり意識した感じですが、全体的なレベルは1つ下という感じもします。
どこがいいのか?と言われると難しいし、感動すると言うこともありませんが、あまりに非現実的なストーリーなのに勢いで成り立っている点と、期待していない割に比較的面白かったと言う点で、★4つ。

[ザ・コア] のレビューを読む

  1. 2005/02/08(火) 23:56:02|
  2. <か行>|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:2

エネミー・オブ・アメリカ

監督 トニー・スコット
出演 ウィル・スミス 、ジーン・ハックマン 、ジョン・ボイト 、レジーナ・キング 、ローレン ダーン

20050206175046.jpgアクション

配役  ★★★★★
音楽  ★★★★☆
概要  ★★★★★
CG   ★★☆☆☆

おすすめ度  ★★★★☆


国家によるプライバシー侵害をテーマに描かれたスリリングな作品です。
とある事から殺人事件の証拠を手に入れてしまった弁護士が命を狙われる事に!!
しかも、その相手は最新テクノロジーの監視システムなどを使い主人公を執拗に追い込み、証拠とともに抹殺しようとするのです。
しかし、主人公も仲間を見つけそれに立ち向かいます!!!
政府側との駆け引きなどのストーリーの展開がテンポ良く進み、ハラハラドキドキの連続でした。
主演のウィル・スミスも追い詰められる弁護士役を上手く演じています。しかしそれ以上に、ジーン・ハックマンがとにかくカッコイイ!!
ラストも奇想天外な行動で爽快に締めくくり、スッキリです。隙がない感じです。


[エネミー・オブ・アメリカ] のレビューを読む

  1. 2005/02/07(月) 18:07:16|
  2. <あ行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シックス・デイ

監督 ロジャー・スポッティスウッド
出演 アーノルド・シュワルツネッガー 、トニー・ゴールドウィン 、ロバート・デュバル 、マイケル・ラパポート 、マイケル・ルーカー

20050206173621.jpg近未来

配役  ★★★☆☆
音楽  ★★★☆☆
概要  ★★★★★
CG   ★★★★☆

おすすめ度  ★★★☆☆


時は2007年、人類は人間のクローン化に成功してしまう。しかし、これを取り締まる法律として「6d法」を制定される。
舞台は3年後の2010年、主人公が仕事から自宅へ帰るとそこには「家族に囲まれたもう1人の自分がいた!!」
アーノルド・シュワルツネッガーだけに、アクションを期待してしまいますが、アクション自体はそんなにはありません。
自分のクローンや、近未来の生活などはVFXを駆使して作られており見所だと思います。
途中から意外な展開に発展しビックリです。
クローン技術という人道的なテーマが斬新なところ意外は通常の娯楽作品と変わりません。それなりに楽しめました。

[シックス・デイ] のレビューを読む

  1. 2005/02/07(月) 17:50:10|
  2. <さ行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コピーキャット

監督 ジョン・アミェル
出演 シガニー・ウィーバー 、ホリー・ハンター 、ダーモット・マロニー 、ハリー・コニック JR. 、ウィリアム・マクナマラ

20050206113326.jpgサスペンス

配役  ★★★★☆
音楽  ★★★★☆
概要  ★★★★☆
CG   ★★☆☆☆

おすすめ度  ★★★★☆


「コピーキャット」それは、過去の猟奇殺人を真似て同じ殺人事件を起こす犯人についたあだ名である。
連続殺人犯に命を狙われる犯罪心理分析医と、勝気な刑事のコンビがコピーキャットに戦いを挑む!!!
犯人が天才的でなかなか、スリルがあります。追い詰めているつもりが逆に追い詰められてしまったり・・・
派手さはないものの、精神的に苦しめられていくような閉塞感に息が詰まります。
他にも、サイコサスペンス映画はありますが、他のそれとは一線を引く作品となっている気がします。
それは、現実的にありそうなリアリティのせいかもしれません。

[コピーキャット] のレビューを読む

  1. 2005/02/06(日) 11:57:49|
  2. <か行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コンゴ

監督 フランク・マーシャル
出演 ディラン・ウォルシュ 、ローラ・リニー 、アーニー・ハドソン 、ティム・カリー 、ブルース・キャンベル

20050206113319.jpgアドベンチャー

配役  ★★★☆☆
音楽  ★★★★☆
概要  ★★★☆☆
CG   ★★★☆☆

おすすめ度  ★★★☆☆


ジャンルが難しい映画です。アドベンチャーなのかな?
アフリカのコンゴへ調査へ行っていた同僚たちが突然行方不明になってしまいます。それを追って救命団が現地入りすることになります。
しかしそこは、文明に染まっていない、未開のジャングルであり、そこで異様な生物に遭遇します。
生物はVFXを駆使して造りだされていたり、謎解きの要素もあり、そこそこ楽しめます。
しかし、残念ながら全体的にはスケール感が小さい感じです。
普通の作品と言う感じです。

[コンゴ] のレビューを読む

  1. 2005/02/06(日) 11:44:11|
  2. <か行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コン・エアー

監督 サイモン・ウェスト
出演 ニコラス・ケイジ、ジョン・マルコヴィッチ、ジョン・キューザック

20050205191404.jpgアクション

配役  ★★★★☆
音楽  ★★★☆☆
概要  ★★★★☆
CG   ★★★★☆

おすすめ度  ★★★☆☆


ニコラス・ケイジ演じる主人公は妻を守るために殺人を犯してしまいます。そして、刑期を終え戻る最中にその飛行機がハイジャックされてしまうのです。
この辺が「映画だな!」って感じですが・・・
これでもかト言うくらいに、全てのシーンがド迫力です。爆発、衝突なんでもありです。
舞台はラスベガスで煌びやかなネオンや照明も映画に花を添えています。
ラストシーンの飛行機が迫りくるシーンは圧巻でした。
悪役のジョン・マルコビッチも憎たらしいまでの悪役にドンピシャです。
ただし、ニコラス・ケイジのあの髪型はいただけない、どうしたんでしょうか?


[コン・エアー] のレビューを読む

  1. 2005/02/05(土) 23:59:15|
  2. <か行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クリフハンガー

監督 レニー・ハーリン
出演 シルベスター・スタローン 、ジョン・リスゴー 、マイケル・ルーカー 、レオン 、ジャニン・ターナー 、レックス・リン 、ラルフ・ウェイト

20050205191354.jpgアクション

配役  ★★★★☆
音楽  ★★★☆☆
概要  ★★★★☆
CG   ★★★☆☆

おすすめ度  ★★★☆☆


標高4000m、真冬のロッキー山脈が戦いの舞台でシルベスタ・スタローンが山岳レスキュー隊員と言う設定です。
冒頭から、衝撃シーンで、物語はスタートします。
以前、友人達と行った登山において、恋人を死なせてしまいます。そのことがきっかけで、山を降りた主人公でしたが・・・
犯罪集団との息をもつかせぬやり取りが最大の見せ場です。手に汗握って見てしまいました。
スタローンも真冬なのに物凄い薄着で頑張っています。
スタートの衝撃からハラハラドキドキで最後まで、一気に見てしまいました。


[クリフハンガー] のレビューを読む

  1. 2005/02/05(土) 23:55:54|
  2. <か行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ブレイブハート

監督 メル・ギブソン
出演 メル・ギブソン 、ソフィー・マルソー 、ブレンダン・グリーソン 、アンガス・マクファーデン 、パトリック マッグーハン 、デイヴィッド オハラ

20050204212906.jpgアクション

配役  ★★★★☆
音楽  ★★★★☆
概要  ★★★★★
CG   ★★☆☆☆

おすすめ度  ★★★★☆


時は13世紀、場所はスコットランド、独立と解放を目指して戦った実在の人物「ウィリアム・フォレス」をメル・ギブソンが熱演しています。
当時のスコットランドは、非情なイングランド国王エドワード一世が侵略を繰り返す土地。ここで家族を殺害された民衆を率いて主人公が自由を求めて反乱を起こします。この主人公もまた、目の前で家族を殺害されているのです。
歴史の中での壮絶な物語が壮大なスケールで、残酷なものは残酷なまま嘘偽りなく描かれています。
特に、数千人のエキストラを配した戦闘シーンは圧巻でした。
衝撃的なラストシーンも、真実だからこその圧倒的な迫力と悲しみで見るものを感動させます。
私は、この時代の歴史は詳しく知りませんでした、とても勉強になりました。
ちなみに、この映画はアカデミー賞作品賞、監督賞をはじめ5部門を制覇しております。

[ブレイブハート] のレビューを読む

  1. 2005/02/04(金) 22:13:17|
  2. <は行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バック・ドラフト

監督 ロン・ハワード
出演 カート・ラッセル 、ウィリアム・ボールドウィン 、ロバート・デ・ニーロ 、スコット・グレン 、ジェニファー・ジェイソン・リー 、レベッカ・デモーネイ 、ドナルド・サザーランド

20050204212800.jpgアクション

配役  ★★★★☆
音楽  ★★★★☆
概要  ★★★★☆
CG   ★★☆☆☆

おすすめ度  ★★★★☆


火災で父親を亡くした兄弟の消防士ストーリーです。
この兄弟の前で次々に起こる放火事件。しかもその全てで人が死んでいるのです。不信に思った兄弟ですが・・・
タイトルにもなっている、火災現場で度々起こる「バックドラフト現象」火事の炎がまるで生き物のように襲い掛かってきます。
火災現場でのシーンは炎の勢いといい、消防士たちの緊迫した作業状況といい迫力満点です!!
ストーリーの方に目をやると、しっかりと謎解きや、ロマンスも盛り込まれ、かなりしっかりとしている印象です。
ラストも、切なくも力強い男の生き様が描かれていて感動しました。
兄弟、親子の愛の絆がヒシヒシと伝わってきます。
消防士、憧れます・・・


[バック・ドラフト] のレビューを読む

  1. 2005/02/04(金) 21:49:54|
  2. <は行>|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:4
 次のページ >>

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。