Circle Mountain
昔の映画から最新作まで感想交えてレビューしてます。 ちょっとネタばれしてます。                                    TB、コメント共に大歓迎です!!


B L O G T I M E S

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ジャンヌ・ダルク

監督 リュック・ベッソン
出演 ミラ・ジョヴォヴィッチ 、ジョン・マルコビッチ 、ダスティン・ホフマン 、フェイ・ダナウェイ 、パスカル・グレゴリー 、ヴァンサン・カッセル

jyannnudaruku.jpg           ドラマ

          配役  ★★★★☆
          音楽  ★★★☆☆
          概要  ★★★★☆
          CG   ☆☆☆☆☆

          おすすめ度  ★★★☆☆


15世紀フランス、100年戦争の真っ只中に現れた「ジャンヌ・ダルク」。彼女は、フランス救国の英雄として称えられている。
そんな主人公をリュック・ベッソン監督が、独自のエピソードも交え忠実に再現した作品。
英雄であると同時に聖女としても知られているジャンヌ・ダルク。
誰にでも優しく、信仰心に厚く、最後は火あぶりで死んでしまった悲劇の女性・・・
が、この作品では、そういう感じではありませんでした。
どちらかと言うと、もっと人間くさいと言うか。わがままだったり、自分勝手だったり、一種の狂気も感じてしまいます。途中「ムカッ!」とくる時がありました。
カリスマ性があるということ、リーダーシップがあるということ、人の先頭に立つ人とは、こんなものかもしれません。
これは、監督の意図した事だと思いますが、ちょっとイメージが違います。
それでも、CGに頼らない戦闘シーンなどは迫力満点で、ラストシーンに至る過程も様々なところに伏線が張ってあり、見所は沢山あります。
当時の戦争中という極限状態のリアルさは伝わってます。
そういえば、リュック・ベッソン監督はフランス人だったような・・・自国の英雄を描いたって事ですか。
歴史上語られているジャンヌ・ダルク・・・彼女も人間ですから。



実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[ジャンヌ・ダルク] のレビューを読む
スポンサーサイト


  1. 2005/02/26(土) 22:13:14|
  2. <さ行>|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:0
 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。