Circle Mountain
昔の映画から最新作まで感想交えてレビューしてます。 ちょっとネタばれしてます。                                    TB、コメント共に大歓迎です!!


B L O G T I M E S

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ラスト・サムライ

監督 エドワード・ズウィック
出演 トム・クルーズ 、渡辺謙 、真田広之 、小雪 、原田眞人 、ティモシー・スポール 、ビリー・コネリー 、トニー・ゴールドウィン

lastsamurai.jpg           ドラマ

          配役  ★★★★★
          音楽  ★★★★☆
          概要  ★★★★★
          CG   ☆☆☆☆☆

          おすすめ度  ★★★★★


この作品は、日本人が出ていると言うことでどうなんだろう?どちらかと言うと邦画より洋画の方が好きですし。
始めは、そんな感じで借りて来たのですが・・・
明治維新直後で近代化が進む日本が舞台です。主人公トム・クルーズ演じる南北戦争の英雄が日本を訪れたのはそんな時でした。
彼は、侍に敵対する官軍の教育役として日本を訪れ、その官軍と侍との戦闘で捕われの身となってしまいます。
捕虜となった主人公が見たものは・・・古き良き日本の風景や生活。
侍の侍としての生き方や、信念。そこで生活している昔の日本人の考え方などに次第に惹かれていきます。
そして、いつも間にか、この侍達と行動をともにするようになるのです。
正義と悪。混沌としたこの時代で区別することは非常に難しく、この映画でも、双方の言い分も理解できるところがありました。
昔の日本の美しい風景やピーン張り詰めた静寂を纏う侍と圧倒的な戦闘シーンが上手く交わりながら緩急をつけたストーリー展開に時間を忘れて見入ってしまいました。
正に、武士道の静と動といった映画です。
有名な渡辺謙の叫ぶシーンは本当に圧巻でした。身震いが出てくるような、魂に訴えかける迫真の演技でした。
衝撃のラストシーンでは、思わず胸が熱くなってしまいました。
渡辺謙が第76回アカデミー賞、助演男優賞にノミネートされた理由がわかる気がします。
主人公のトム・クルーズもいい役なんですけど、それ以上に、渡辺謙が凄すぎて・・・
完全に食われちゃっています。



実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


アクセス解析

[ラスト・サムライ] のレビューを読む
スポンサーサイト


  1. 2005/02/28(月) 22:08:46|
  2. <ら行>|
  3. トラックバック:14|
  4. コメント:11
 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。