Circle Mountain
昔の映画から最新作まで感想交えてレビューしてます。 ちょっとネタばれしてます。                                    TB、コメント共に大歓迎です!!


B L O G T I M E S

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アダムス・ファミリー2

監督 バリー・ソネンフェルド
出演 ラウル・ジュリア 、アンジェリカ・ヒューストン 、クリストファー・ロイド 、クリスティーナ・リッチ 、ジミー ワークマン



addamsfamiry2.jpg
          コメディ

          配役  ★★★★☆
          音楽  ★★★★☆
          概要  ★★★★☆
          CG   ★★★☆☆

          おすすめ度  ★★★★☆


アダムスファミリーの第2弾です。今回の作品でも、ドタバタドラマは健在です。
今回はこのアダムス一家に新しいメンバーの赤ちゃんが生まれます。そして、この赤ちゃんを中心に、怪しいベビーシッターと2人の姉弟が絡んで大騒動に発展します。
この赤ちゃんが可愛いのですが、そこはオバケ一家の赤ちゃんです。普通じゃないのです。
前作から引き続きのキャラクター達、ブラックユーモア爆発で、不思議と笑ってしまいます。
一番印象的なのは、いつも無表情でブスッとしていたウェンズデー(クリスティーナ・リッチ)が一瞬だけ見せるシーンです。
お決まりの家族の絆も健在で、前作以上にアットホーム?です。





実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←



[アダムス・ファミリー2] のレビューを読む
スポンサーサイト


  1. 2005/03/31(木) 22:49:54|
  2. <あ行>|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

アダムス・ファミリー

監督 バリー・ソネンフェルド
出演 ラウル・ジュリア 、アンジェリカ・ヒューストン 、クリストファー・ロイド 、クリスティーナ・リッチ 、ジミー ワークマン



addamsfamiry.jpg
          コメディ

          配役  ★★★★☆
          音楽  ★★★★☆
          概要  ★★★★☆
          CG   ★★★☆☆

          おすすめ度  ★★★★☆


登場人物はホラー映画でもおかしくない人達ですが、この映画はコメディです。
個性的で気持ち悪い、でも憎めなくてどこか可笑しい、この登場人物はみんなこんな感じです。実はおばけなんです。
ある時このお化け一家の財産を奪い取ろうと犯人グループの1人が家族の一員になりすまして潜り込みます。
犯人はいったいどうなってしまうのか?!この家族は繋がりがとても強く、様々な難関が待ち受けています。
個性的なキャラクター達がとっても面白いです。
ブラックユーモア爆発です。
有名なテーマソングもこの映画にピッタリです!!
お化けだけど、家族の大切さや繋がりを学ぶことが出来ます。



実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[アダムス・ファミリー] のレビューを読む

  1. 2005/03/30(水) 22:13:46|
  2. <あ行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

ブレア・ウィッチ・プロジェクト

監督 ダニエル・マイリック、エドゥアルド・サンチェス
出演 ヘザー・ドナヒュー、マイケル・C・ウィリアムズ、ジョシュア・レナード、ボブ・グリフィン、ジム・キング、サンドラ・サンチェス



blairwitchproject.jpg
          ドラマ

          配役  ★★★☆☆
          音楽  ★★★☆☆
          概要  ★★★★★
          CG   ☆☆☆☆☆

          おすすめ度  ★★★★☆


とても、不思議な映画でした。怖い映画であることは間違いないのですが、見た目が怖いというのではなく精神的に怖いのです。
ストーリーはドキュメンタリー映画を撮影しようとしている男女3人組みが、とある森へ入り行方不明となってしまいます。
しかし1年後に、撮影されたテープだけが発見されるのです・・・そこには行方不明になる前の彼らの姿や森の中での出来事が映っていた・・・
実はこの森には今も魔女伝説が残っているような曰く付きの森なのです。
通常の映画のようにプロ用のカメラで綺麗に撮影された映像はまったく出てきません。私達でも持っているようなハンディカメラで撮影されているのです。
これにより画面はもの凄くブレたり、画像はノイズ一杯なのですが、これが逆に恐怖をあおります。その場にいるかのような緊張感や緊迫感には圧倒されてしまいます。私は怖がりなので、その見えない恐怖にびくびくハラハラしっぱなしでした。
が、結局なんだったのか分からないまま終わってしまいました。
斬新な撮影方法と発想ということで★4つ。
聞くところによると、かなりの低予算で作成されているようですが、収益は結構あったようです。




実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[ブレア・ウィッチ・プロジェクト] のレビューを読む

  1. 2005/03/29(火) 23:28:49|
  2. <は行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

YAMAKASI ヤマカシ

監督 アリエル・ゼトゥン
出演 シャルル・ペリエール、マリク・ディウフ、チョウ・ベル・ディン、ロラン・ピエモンテージ、ギレイン・ヌグバ・ボイェケ、ウィリアム・ベル、ヤン・ノウトゥラ、マエル・カモウン、ブリュノ・フランデル、アフィダ・ターリ

yamakashi.jpg           アクション

          配役  ★★★★☆
          音楽  ★★★★☆
          概要  ★★★★☆
          CG   ☆☆☆☆☆

          おすすめ度  ★★★★☆



リュック・ベッソン監督が、原案・脚本を務めた話題作です。
ストーリーはパリで超人的なパフォーマンスをしている7人の若者達の話で名前を「ヤマカシ」と言います。
この7人は高層ビルを登りきったり、はたまた飛び降りたりと常識では考えられないパフォーマンスを次々にやってのけます。
しかし、ある日この「ヤマカシ」に憧れていた一人の少年が木から落ちて怪我をしてしまいます。しかも、この少年は持病を持っていてその病気も悪化してしまうのです!!
それを知った「ヤマカシ」のメンバーは手術費用を工面するためにとんでもない計画を実行に移すのです!!
次から次へと展開してスピード感は凄いです。
超絶パフォーマンスにまずビックリ。しかも、ワイヤーアクションを使用していないと聞きなおビックリ。
ビックリ尽くしの1本でした。
ただ、ストーリー的には結構単純で、リュック・ベッソン監督お得意の深みのある映画とはちょっと違います。
どちらかと言うと「TAXIシリーズ」に近い様に感じました。「乗りと勢いとカッコよさ」です。
単純明快で気楽に見れて、楽しかったです。
この映画に登場している「ヤマカシ」は実在していると言うからこれまたビックリです。
パフォーマンスをあまりに簡単に軽やかにやってのけるので、自分も出来るのでは?と思ってしまいました。無理ですけど。



実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[YAMAKASI ヤマカシ] のレビューを読む

  1. 2005/03/28(月) 22:14:27|
  2. <や行>|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

ミスティック・リバー

監督 クリント・イーストウッド
出演 ショーン・ペン 、ティム・ロビンス 、ケビン・ベーコン 、ローレンス・フィッシュバーン

mysticriver.jpg           ミステリー

          配役  ★★★★★
          音楽  ★★★☆☆
          概要  ★★★☆☆
          CG   ☆☆☆☆☆

          おすすめ度  ★★★☆☆



この映画は2004年アカデミー賞において、作品賞 、主演男優賞、助演男優賞、作品賞ノミネート 、監督賞ノミネート、助演女優賞ノミネートを受けた映画です。物語は25年前のある日から始ります。
3人の少年は道端でホッケーをして遊んでいます。
そこに不審な車が接近し、3人のうちの1人を連れ去ってしまいます。
連れ去られた少年は、数日後、酷い状態で発見されるのです。
時は流れて、25年後。中年になった3人の男達。1人は刑事、1人は元ギャング、1人はただの中年。
そんな中、元ギャングの19歳の娘が惨殺されて発見されるのです・・・3人の男達が微妙に絡み合い、残酷な事件が交錯する悲しい物語です。
正直なところ、結構期待していたのですが「?」と言う映画でした。ラストシーンまで淡々と物語が進み、衝撃的な結末へ・・・
なんか、後味が良くありません。自分さえ良ければというところがどうも・・・人間なんて、そんなものかも知れませんが。
結局のところ何が言いたかったのか良く分かりませんでした。
誰かに教えて欲しいくらいです。そこに気が付けば感動するかもしれません。
ただ、主演のショーン・ペンの演技は圧倒的でした。「アイ・アム・サム」も見たのですが全く違う役でビックリです。どんな役をやっても本当に凄い。




実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←



[ミスティック・リバー] のレビューを読む

  1. 2005/03/27(日) 22:40:42|
  2. <ま行>|
  3. トラックバック:13|
  4. コメント:12

娘さんを捜している方がいらっしゃいます。

娘さんを捜している方がいらっしゃいます。

バッド・ボーイズ

監督 マイケル・ベイ
出演 マーティン・ローレンス 、ウィル・スミス 、ティア・レオーニ 、チェッキー・カリョ 、ジョー・パントリアーノ


badboys.jpg
          ドラマ

          配役  ★★★★☆
          音楽  ★★★★☆
          概要  ★★★★☆
          CG   ★★☆☆☆

          おすすめ度  ★★★★☆


この映画に出演しているウィル・スミス。当時はまだそれほど有名ではなかったと思います。
私は当時知りませんでしたし。
2人が勤務するのは犯罪都市マイアミの麻薬特捜班。2人が受けた任務とは、押収したヘロインが警察署内から大量に盗んだ犯人を捕まえる事。
しかも、警察の名誉のために72時間以内に捕まえろ!というものだったのです。
この事件に殺人事件や裏組織なども絡んで来て大変なことになって行きます。
2人の凸凹コンビによる事件解決が見物です。(体型も凸凹ですが)
テンポ良くポンポン進むストーリーや、2人の漫才のような痛快な会話、派手で切れのいいアクションと全てが高レベルでまとまっています。
それほど有名な作品ではないと思うのですが、面白いのです!!
最近、この作品の続編もやってました。
娯楽映画としては十分に楽しめる作品です。



実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[バッド・ボーイズ] のレビューを読む

  1. 2005/03/24(木) 21:25:36|
  2. <は行>|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:2

ザ・ビーチ

監督 ダニー・ボイル
出演 レオナルド・ディカプリオ、ティルダ・スウィントン、ロバート・カーライル、ヴィルジニー・ルドワイヤン

beach.jpg           ドラマ

          配役  ★★★★☆
          音楽  ★★★☆☆
          概要  ★★★☆☆
          CG   ★☆☆☆☆

          おすすめ度  ★★★☆☆


内容をぜんぜん知らずに見たので、「なんだこりゃー」という映画でした。
レオナルド・ディカプリオ演じる主人公の青年は刺激を求め東南アジアの国タイにやってきます。
ある夜、隣に宿泊していた謎めいた人物から幻の楽園と言われている島の地図を手に入れ、その島を目指し旅立ちます。
幻の島にたどり着いた青年はいったいどうなってしまうのか?!
ディカプリオも熱演はしていましたが、内容的にはもの凄く面白かったという訳ではありませんでした。
この映画は見る人によって意見が分かれそうな感じだと思います。私的には普通でした。
舞台になった島や海はもの凄く綺麗で、見る価値はあると思います。




実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[ザ・ビーチ] のレビューを読む

  1. 2005/03/23(水) 23:57:42|
  2. <は行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

バイオハザードII アポカリプス

監督 アレクサンダー・ウイット
出演 リチャード・バージ 、エド・ローター 、コリン・ポーチ 、サンドーヌ・ホルト

biohazard2.jpg           SF

          配役  ★★★★★
          音楽  ★★★★☆
          概要  ★★★★☆
          CG   ★★★★☆

          おすすめ度  ★★★★★



同名ゲーム「バイオハザード」のハリウッド実写版の第2弾です。
当時、このゲームは相当ハマった記憶があります。家にDSPアンプがあったのでかなり臨場感があり、ハラハラドキドキでした。

前作はゲームとは若干違った設定でしたが今回もやはり違う設定で独自の路線を築いています。
(それでも、ゲームの人気キャラクターは出てきたりします)
前作の「なんだそりゃー」というラストシーンも今作に繋がって物語の統一感はしっかりとしています。
地下研究所の入り口を開けてしまったことによりゾンビ達が次々と地上へ出てきてしまい、狭い地下施設から地上の街全部が戦いの舞台へと変化しています。
出てくるゾンビや、登場人物、アクションシーンなどもパワーアップしており前作よりは確実に面白かったと思います。
前はホラー、今回はアクションの要素が強く、主人公のアクションに全てが掛かっているという作りで、これはこれで成功していると感じました。
更に今回も、シリーズ第3弾に繋がりそうな雰囲気も盛り込まれており今から楽しみです。



実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[バイオハザードII アポカリプス] のレビューを読む

  1. 2005/03/22(火) 18:37:01|
  2. <は行>|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:6

スターシップ・トゥルーパーズ2

監督 フィル・ティペット
出演 リチャード・バージ 、エド・ローター 、コリン・ポーチ 、サンドーヌ・ホルト

starship2.jpg           SF

          配役  ★★★☆☆
          音楽  ★★★☆☆
          概要  ★★★☆☆
          CG   ★★★☆☆

          おすすめ度  ★★★☆☆



前作は圧倒的なエイリアンの映画だったことを記憶しています。とにかく一杯出てきて凄かったと。
今作はどうなのでしょうか?
ストーリーは前作からの続きという事になっていますが・・・
エイリアンと人類の戦いもますます泥沼化し、地球では新たな兵士を募集してい所から物語りは始ります。
地球から遠く離れた砂漠の惑星では今もなおエイリアンとの激しい戦闘が続いており、ココでの攻防が今回のメインとなります。
大型のエイリアンが次々を襲い掛かってくる戦場で撤退を余儀なくされたある部隊はその惑星にある廃墟と化した基地に立てこもります。
そんな時、また新たな敵が!!!
そして、おかしな方向へ物語が進んで行き、最後は?!

「はぁっー!? くだらねー」と言うのが素直な感想でした。
前作の醍醐味みたいなものがなくなってしまっているのでしょうか?
なんだか、小さい映画になってしまっています。
時間的には90分くらいで、時間つぶしにはいいかも。
★2つ?!くらいでも良かったかも・・・




実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[スターシップ・トゥルーパーズ2] のレビューを読む

  1. 2005/03/21(月) 09:11:44|
  2. <さ行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Blogtimes

blogtimes(ブログタイムス)を設置してみました!

今回は映画レビューではないけれど、出来てうれしかったので書いて見ました。

ちょっと長いので、詳し説明は「More...」をクリックしてね!
(説明と簡単な設置方法を紹介してあります。)


実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[Blogtimes] のレビューを読む

  1. 2005/03/20(日) 12:10:31|
  2. <Coffee Break!>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アラジン

監督 ジョン・マスカー・ロン・クレメンツ
声優 スコット・ウェインガー、ブラッド・ケイン、ロビン・ウィリアムズ 吹替版 羽賀研二 、山寺宏一 、麻生かほ里


alajin.jpg           ディズニー

          配役  ★★★★☆
          音楽  ★★★★★
          概要  ★★★★☆
          CG   ★★★★☆

          おすすめ度  ★★★★☆


ディズニーの名作「アラジンと魔法のランプ」を元にアニメによって作り上げられた大作です。
ディズニー作品の中でもこの「アラジン」は様々な要素がてんこ盛です。
昔、砂漠のオアシスとして栄えた街に貧しい青年はいました。
この青年は洞窟で魔法のランプを手に入れます。そして、魔法のランプから魔人が現れ願いを3つ叶えてくれるのです。
青年にはどうしても叶えたい願いがあり、この魔人に願いを伝えます・・・
夢、冒険、恋愛、謎解き、憧れ、笑い、とにかく一杯詰まっていて、見ていて飽きることはありません。
しかも、ストーリーも単純明快で分かりやすい事も物語りにスピード感を与えていると思います。
子供ならずともドキドキハラハラすること間違いありません。
主題歌も「聴いたことある!」というくらい有名で、アカデミー賞主題歌賞およびオリジナル作曲賞を受賞しています。





実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[アラジン] のレビューを読む

  1. 2005/03/19(土) 20:03:44|
  2. <あ行>|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

URLの変更

<お知らせです>

circlemountainブログがあるFC2ブログは、サブドメイン形式に移行しました。当ブログのURLも変更になります。

(旧)http://blog2.fc2.com/circlemountain/
(新)http://circlemountain.blog2.fc2.com/

となります。


旧形式も引き続き利用可能らしいのですが、宜しければブックマークの変更をお願いします(^^)
私も、何が良くて何がいけないのかよく分かりませんが、変わっちゃいました(^^)



  1. 2005/03/18(金) 20:10:50|
  2. <ご案内>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シックス・センス

監督 M・ナイト・シャマラン
出演 ブルース・ウィリス 、ハーレイ・ジョエル・オスメント 、トニ・コレット 、オリビア ウイリアムズ 、ミーシャ・バートン

sixthsense.jpg           ホラー

          配役  ★★★★★
          音楽  ★★★★☆
          概要  ★★★★★
          CG   ★★★☆☆

          おすすめ度  ★★★★★


M・ナイト・シャマラン監督は、不思議な映画を創る人です。この映画もいままで見た映画とは全く違うストーリーでした。ある意味衝撃です。
主人公のブルース・ウィリスが演じるのは優秀な精神科医。
昔ある少年を担当していたのですが、その少年は自殺、しかも自分も撃たれて重症を負ってしまいます。
復帰後、最初のカウンセリングを担当したのが、ハーレイ・ジョエル・オスメント演じる8歳の少年なのです。
この少年の抱える問題は「見えないものが見えてしまう事」なのです。
(この映画、ジャンルは「ホラー」にしたのですが、どのジャンルなのか・・・判断が難しかったです)
そうなんです、この少年には「死んだはずの人間」が見えてしまうのです!!
淡々と進むストーリーや派手過ぎない演出が不可思議な少年の雰囲気を倍増させています。
少年、精神科医、精神科医の妻、死んだはずの人間という登場人物の心の内側や様々な想いが物静かなストーリー展開に絡み付いて一瞬たりとも目が話せませんでした!
そして、一瞬でわかる衝撃のラストシーンへ・・・インパクトありました・・・「まじかよ!!!」って感じで。
決して楽しいとか面白いとかという映画ではなく、悲しい映画です。ラストシーンでは泣いてしまいました。
この映画、ビデオしかレンタルがなくて、DVDの特典映像見てないのですが、なにやら凄い秘密が隠されているとか・・・
う~ん、その秘密、見てみたい・・・




実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[シックス・センス] のレビューを読む

  1. 2005/03/17(木) 22:51:18|
  2. <さ行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トータル・リコール

監督 ポール・ヴァーホーベン
出演 アーノルド・シュワルツネッガー 、レイチェル・ティコティン 、シャロン・ストーン 、ロニー・コックス 、マイケル・アイアンサイド

totalriko-ru.jpg          SF
 
          配役  ★★★★☆
          音楽  ★★★☆☆
          概要  ★★★★☆
          CG   ★★☆☆☆

          おすすめ度  ★★★☆☆


当時、この作品を見たとき、特撮がすげーって思ってしまいました。
近未来の話なのでそんなことも実際に起こりうるのかも?!なんて見てた記憶があります。
主人公のシュワちゃんは行った事もない火星の夢をよく見るのです。
さらに、自分の記憶についてもいろいろと問題があり、結果火星に行ってみる事になります。
2転3転するストーリーにグッと惹きつけられてしまいました。
気持ち悪いぐらいの特殊メイクも登場し、ビックリしながら最後までドキドキハラハラで見てしまいました。
ポール・ヴァーホーベン監督は「氷の微笑」「インビジブル」の監督でもあり、ちょっと独特です。





実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[トータル・リコール] のレビューを読む

  1. 2005/03/16(水) 23:43:17|
  2. <た行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シュリ

監督 カン・ジェギュ
出演 ハン・ソッキュ 、キム・ユンジン 、チェ・ミンシク 、ソン・ガンホ 、パク・ヨンウ

shuri.jpg            スパイアクション

          配役  ★★★★☆
          音楽  ★★★★☆
          概要  ★★★★☆
          CG   ★★☆☆☆

          おすすめ度  ★★★★☆


この作品が私が初めて見た韓国映画でした。
韓国は日本と違って軍隊もあれば兵役もあります。大学の時に留学生で韓国の友達からいろいろと聞きました。
その、韓国のスパイアクションの映画です。
北朝鮮の特殊工作部隊と韓国の諜報機関との戦いを描いています。
見る前は「???」って感じだったんですけど、面白い!!!私は、邦画の銃撃シーンとかはあまり好きではありません。だって、うそ臭いから。
でも、韓国はありえそう!!!詳しく知らない分、そう感じてしまったんです。
ストーリー、演出等のバランスが良いのだと思います。
それに、切ないラブストーリーも絡んできて、スッと入りこんで最初から最後まで目が離せませんでした。
南北分断という「事実」がある国だからこそ出来た映画だと思いました。




実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[シュリ] のレビューを読む

  1. 2005/03/15(火) 23:29:04|
  2. <さ行>|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:6

セブン・イヤーズ・イン・チベット

監督 ジャン・ジャック・アノー
出演 ブラッド・ピット 、デヴィッド・シューリス 、B・D・ウォン 、マコ、ダニー・デンゾンバ

sevevyaers.jpg           ドラマ

          配役  ★★★★☆
          音楽  ★★★★☆
          概要  ★★★★☆
          CG   ★☆☆☆☆

          おすすめ度  ★★★★☆


舞台はタイトル通り「チベット」です。
ブラット・ピット扮するオーストラリアの登山家がヒマラヤ登頂を目指します。しかし、途中雪崩により登頂を断念せざるをえない状況に。
更に、悪いことに第2時世界大戦の影響で捕虜収容所送りとなってしまいます。
この収容所を脱走することに成功し、チベットにたどり着きます。
若き日のダライ・ラマと出会い、交流を深めていきます。
実話が元になっているだけあって、リアリティがあります。
更に、チベットという秘境の土地の歴史や、時代の流れなどが良く分かります。
元気つけられる反面とても悲しい映画だと思いました。




実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[セブン・イヤーズ・イン・チベット] のレビューを読む

  1. 2005/03/14(月) 22:21:27|
  2. <さ行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

レザボア・ドッグス

監督 クエンティン・タランティーノ
出演 ハーヴェイ・カイテル 、ティム・ロス 、マイケル・マドセン 、クリストファー・ペン 、スティーブ・ブシェミ 、ローレンス・ティアニー 、カーク・バルツ 、エディ・バンカー 、クエンティン・タランティーノ

rezaboadoggusu1.jpg        バイオレンス
          配役  ★★★★★
          音楽  ★★★★★
          概要  ★★★★★
          CG   ★☆☆☆☆

          おすすめ度  ★★★★★


これほどCOOLという言葉が似合う映画は他にないと思います。
宝石強奪のために素性も分からない6人の男達。しかし、この6人の中に警察の「犬」が潜り込んでおり、結果、宝石強盗は失敗に終わってしまいます。
曲者ぞろいの6人の中で一体誰が「犬」なのか?!皆が疑心暗鬼に陥ってしまうのです。
サブタイトルにも「仁義なき男たち」というコピーがついており、ただのチンピラ映画ではありません。
圧倒的なスピード感、血生臭いシーン、独特のカメラワークなど見るものを一気に引き込みラストシーンまでを畳み掛けるように演出しています。
とにかくカッコイイ映画です。
ちなみに、この映画はクエンティン・タランティーノ監督のデビュー作です。




実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


アクセス解析

[レザボア・ドッグス] のレビューを読む

  1. 2005/03/13(日) 18:14:03|
  2. <ら行>|
  3. トラックバック:12|
  4. コメント:10

ポカホンタス

監督 エリック・ゴールドバーグ 、マイク・ガブリエル
声優 アイリーン・ベダード 、メル・ギブソン 、リンダ・ハント 、クリスチャン・ベール

pocahontas.jpg           ディズニー

          配役  ★★★★☆
          音楽  ★★★★☆
          概要  ★★★★☆
          CG   ★★★★☆

          おすすめ度  ★★★★☆


ディズニー映画では初めての試みであり、意欲的に製作に挑んだ実在の英雄の長編アニメ作品です。
舞台は17世紀初頭のアメリカ。英国人のスミスと先住民族の娘ポカホンタスの恋の物語です。
しかし、時代が時代ですから、当時のイギリスの征服する側と先住民族の征服される側の違いなど、一筋縄では行きません。
しかし、そこはディズニーです。
歌あり、踊りあり、メッセージあり、勇気あり、愛ありと、ミュージカル仕立ても手伝って、難しい題材を素晴らしい作品に仕立てています。
ラストシーンは意外な展開ですが、見終わっても清清しい感じに包まれます。
第68回アカデミー賞で、 音楽賞と主題歌賞を受賞しています。



実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←



[ポカホンタス] のレビューを読む

  1. 2005/03/12(土) 20:22:46|
  2. <は行>|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

プラトーン

監督 オリバー・ストーン
出演 チャーリー・シーン 、ウィレム・デフォー 、トム・ベレンジャー、ケビン・ディロン 、フォレスト・ウィテカー

platoon.jpg           戦争

          配役  ★★★★★
          音楽  ★★★★☆
          概要  ★★★★★
          CG   ★☆☆☆☆

          おすすめ度  ★★★★☆


このプラトーンという映画は、戦争映画の中でも、ちょっと違った雰囲気を持っていると感じます。
この映画は、戦争を1人の兵士から見た視点で描かれているのです。
有名大学を中退しの志願兵としてベトナムに入る主人公。しかし、配属さた場所は最も過酷で悲惨な最前線・・・
戦争映画といえば、惨く、醜く、汚い、イメージがあると思います。
映画によってはこういう要素を多用することで、逆にうそ臭いというか、わざとらしく感じられることがあります。
この映画もこういう要素が盛り込まれているのですが、不思議と作りこまれた感じがしないのです。
戦争という一種の異常な環境下で、狂っていく人間の様子から、醜く汚い部分が偽りなく描かれているのです。
それだけに、こちらに重く響いてくるのです。
パッケージにもなっている有名なシーンは、一生忘れることが出来ないと思います。
第59回アカデミー賞で作品賞、監督賞を受賞しています。



実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[プラトーン] のレビューを読む

  1. 2005/03/11(金) 23:39:25|
  2. <は行>|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

パッセンジャー57

監督 ケビン・フックス
出演 ウェズリー・スナイプス 、ブルース・ペイン 、トム・サイズモア 、アレックス ダッチャー 、ブルース・グリーンウッド 、マイケル・ホース

passenger57.jpg          アクション

          配役  ★★★★☆
          音楽  ★★★☆☆
          概要  ★★★★☆
          CG   ★★☆☆☆

          おすすめ度  ★★★★☆


息もつかせぬスカイアクションです。
主人公は元刑事の凄腕警備指導員。この主人公が乗り合わせたジェット機がハイジャックされてしまうのです。
1つのジェット機の中に、テロ対策のスペシャリストと航空機爆破のテロリストが相対します。
空中、地上と場所を代えながらのアクションは見所たっぷりです。
それほど話題にもならなかったと思いますが、スカイアクションの映画の中では、かなり面白いほうだと思います。
タイトルの「パッセンジャー57」の意味も最後にひねりが利いていて、最初から最後まで飽きることなく楽しめました。
ストーリーも単純なスカイアクションだけにとどまらず、頭脳戦というところもプラスに働いている要因だと思います。




実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[パッセンジャー57] のレビューを読む

  1. 2005/03/10(木) 21:27:18|
  2. <は行>|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

パーフェクト・ストーム

監督 ウォルフガング・ペーターゼン
出演 ジョージ・クルーニー 、マーク・ウォールバーグ 、ジョン・C・ライリー 、ウィリアム・フィッチナー 、ダイアン・レイン

perfectstorm.jpg            パニック
          配役  ★★★★☆
          音楽  ★★★☆☆
          概要  ★★★☆☆
           CG   ★★★★☆

           おすすめ度  ★★★☆☆


海に人生の、己の全てを賭けて挑んでいる漁師の物語です。
とある船長が、水揚げ量が少なくなってしまい、自分を含めた乗組員達の生活が厳しくなってしまったためにある決断をします。
次に海に出て漁をすることに全てを賭けるのです。
しかし、タイミングが悪くその時に「パーフェクト・ストーム」が発生してしまうのです!!
「パーフェクト・ストーム」とは、100年に1度あるかないかの伝説の大嵐なのですが・・・
海の男のプライドと生活が掛かった必死さがヒシヒシと伝わってきました。
大嵐の映像は半端ではなく、物凄いです。船を軽々と飲み込むほどの高波は圧巻でした。
そして最後は・・・
しかし、この男達、あまりに無謀すぎる・・・無謀を通り越してバカなのかも知れません。
それがまた海に全てを賭ける男という設定にピッタリなのですが。
ストーリー的には普通の映画だと思いますが、大嵐の映像にちょっと感動。
なんでも、実話らしいのですが、こんな大嵐遭遇したくありません。



実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←



[パーフェクト・ストーム] のレビューを読む

  1. 2005/03/09(水) 23:32:14|
  2. <は行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ついに大台に!

いや~またまた、やりました!
blogを始めて、早3ヶ月。
このサイトに10000人方が見に来てくれました!
ちょうど10000人目はいつ頃かな?
多分お昼頃だと思うんですけど。
本当に、ありがたいです。

3年前に始めたHPなんて、未だに3000アクセスしかないのに・・・
やはり、ちゃんと更新とかしないとダメなんですね。
HPにある日記なんて、年記?になってますから・・・


これからも、映画見まくり、どんどん更新するぞ~!
今後とも、宜しくお願いいたします。



今日は、↓コレをご紹介。

Click Here!



ディズニーの名曲と夢のようなステージ、ディズニー・オン・クラシック開催中!

「ディズニー・オン・クラシック~まほうの夜の音楽会」は今年で3回目。

今回のテーマは、Dreaming Forever。

今年は、ディズニーの名曲と夢のようなステージを全国34会場でお贈りします。指揮とアレンジはディズニー音楽のエキスパート、ブラッド・ケリー。オーケストラは東京フィルハーモニー交響楽団メンバーから構成されるネバーランド・オーケストラ。アリエル役ヴォーカルには、「ニューヨークの歌姫」サラ・アン・ルイスなど、一流のアーティストが揃いました。会場に踏み入れた瞬間、エキサイティングな“まほうの夜”にお連れします。そして“まほうの夜の音楽会”では、皆さんの夢が生き生きとよみがえることでしょう。

東京公演残りチケット僅か!チケットのお申し込みはこちらから。




実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←





[ついに大台に!] のレビューを読む

  1. 2005/03/08(火) 22:22:51|
  2. <ご案内>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

パニック・ルーム

監督 デビッド・フィンチャー
出演 ジョディ・フォスター 、フォレスト・ウィテカー

panicroom.jpg           パニック

          配役  ★★★☆☆
          音楽  ★★★☆☆
          概要  ★★★☆☆
          CG   ★☆☆☆☆

          おすすめ度  ★★★☆☆


パニックルーム・・・それは、ある屋敷の中に設けられた緊急用の特別室。
とある親子がパニックルームが完備された一戸建てに引っ越してきます。
この部屋は、頑丈に作られ扉を閉めると外界とは完全に隔離することが出来る部屋なのです。
そして、ある夜この屋敷に3人組の強盗が忍び込みます。
そして、それに気がついた親子はこのパニックルームに逃げ込みます!
監督は、デビッド・フィンチャーです。この監督は、セブンなどを手がけた監督で、ひねりを効かせることでも有名です。
しかも主演は羊たちの沈黙のジョディー・フォスターと、見る前からワクワク・ドキドキでした。
いざ始ってみれば、このパニックルームを舞台に物語が展開されるわけですが・・・
スリル感とかスピード感とかは普通でした。狭いパニックルームが舞台でしたが、行き詰まるような閉塞感や絶望感もなんとなく薄い感じで。
イマイチこちらに伝わってくるのもがなく、結果、普通の作品でした。
実際に強盗が入ったらこんな部屋があればいいな~とは思いましたけど。あまりにつかえない部屋にパニック!でしょうか・・・
母親の頑張りだけは、評価してもいいかも。




実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[パニック・ルーム] のレビューを読む

  1. 2005/03/07(月) 22:28:55|
  2. <は行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

ファインディング・ニモ

監督 アンドリュー・スタントン
声優 アルバート・ブルックス 、アレクサンダー・グールド  吹き替え版 木梨憲武 、室井滋 、宮谷恵多

nemo.jpg           ディズニー

          配役  ★★★★☆
          音楽  ★★★★☆
          概要  ★★★★★
          CG   ★★★★★

          おすすめ度  ★★★★☆


ディズニーアニメで、今回は「カクレクマノミ」の親子が主人公です。
平和に暮らしていたカクレクマノミの夫婦に待望の卵が出来ます。しかし、そこは弱肉強食の世界・・・
その幸せは一瞬にして打ち砕かれてしまい、父親と卵1つだけになってしまうのです。この卵からの元気なカクレクマノミが誕生します。
「ニモ」と名づけられたけられたカクレクマノミは片方のヒレが小さいというハンディキャップを乗り越えて元気に成長していきます。
しかし、ある時その好奇心から人間のダイバーに捕らえられてしまうのです!!!
それを知った父親は自分の息子を取り戻すべく大海原のその果てへ救出に向かいます。
しかし、その道中は穏やかではなく、様々な困難が待ち受けているのです!
アニメとはいえ海の映像はあまりに綺麗で目を奪われてしまいます。最新技術というのは本当に凄いんですね。ビックリです。
個性的なキャラクター達によって自然の厳しさや、親子の絆、溢れんばかりの勇気や、ハンディキャップを克服していく力など、現代社会の縮図が見て取れます。
単純なストーリーということもあり、分かりやすく、見やすい感動作品となっていると思いました。



実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[ファインディング・ニモ] のレビューを読む

  1. 2005/03/06(日) 22:22:17|
  2. <は行>|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:2

ムーラン

監督 トニー・バンクロフト 、バリー・クック
声優 エディ・マーフィ 、ミンナ・ウェン 、ミゲル・フェラー

mulan.jpg            ディズニー

          配役  ★★★★☆
          音楽  ★★★★☆
          概要  ★★★★★
          CG   ★★★★☆

          おすすめ度  ★★★★☆


ディズニーといえば西洋のお話がほとんどですが、今回は古代中国が舞台となっています。
キャラクター達や背景のデザインも、のっぺりしている感じで、今までとは、違った趣です。
部族同士の争いの為に年老いた父親が徴兵されそうになってしまいます。この父親に代わって主人公のムーランが男装して出兵します。
そこには、様々な苦労や、失敗がありますが、それを次々と乗り越えて大活躍をするので、見ていて、スッキリします。
今までにない、ディズニーのキャラクターだと思いました。
他のディズニーアニメと比べると話題にはならなかった映画ですが、見て損はないと思います。
笑いあり、感動あり、と抑えるポイントはしっかりと抑え、ストーリーもちゃんとしているので見飽きることがありませんでした。
アメリカ人から見たアジア人のキャラというものがどんな感じなのかが垣間見れます。




実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←



[ムーラン] のレビューを読む

  1. 2005/03/05(土) 22:59:37|
  2. <ま行>|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

ミッション・トゥ・マーズ

監督 ブライアン・デ・パルマ
出演 ゲイリー・シニーズ 、ティム・ロビンス 、ドン・チードル

missiontomars.jpg SF

          配役  ★★★★☆
          音楽  ★★★☆☆
          概要  ★★★☆☆
          CG   ★★★★☆

          おすすめ度  ★★★☆☆


SF作品というのは基本的に予想というか、想像の世界です。しかし、そこは映画ですからそれを本当らしく見せるのが監督やスタッフの腕ってものです。
この映画もそれに漏れず想像の世界なのですが。。。
舞台は火星です。タイトル通り、火星での物語なのですが・・・
少し前に火星に人面岩があると話題になりましたが、それがストーリーに重要な役割を果たします。
出演している俳優陣はしっかりとしていて、更に当時は宣伝広告も派手にやっていたので、結構期待して見たのですが。
何ていうんでしょうか、あまりに、あまりに、嘘っぽいのです。
想像力を膨らましても、どうしてもダメでした。
ラストシーンも何が言いたいのかよく分からずで、消化不良です。
出演者1人1人はいい役者達なのに集まるとダメなんて、もったいないです。
SF映画なら他に面白い映画一杯ありますね。
本当は★2つでいいところですが、結構出来が良いSFXと単品では素晴らしい出演陣に免じて★3つ。
そういえば、アポロ13では地球でお預け食らったゲイリー・シニーズ、この作品では火星に行けました(^^)


実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[ミッション・トゥ・マーズ] のレビューを読む

  1. 2005/03/04(金) 21:41:05|
  2. <ま行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マーキュリー・ライジング

監督 ハロルド・ベッカー
出演 ブルース・ウィリス 、アレック・ボールドウィン 、マイコー・ヒューズ 、キム・ディケンズ 、ピーター・ストーメア

mackyri.jpg             アクション

          配役  ★★★★☆
          音楽  ★★★☆☆
          概要  ★★★★☆
          CG   ★☆☆☆☆

          おすすめ度  ★★★☆☆


1人の自閉症の少年が、雑誌に掲載されていた超難解パズルを解読しまうところから物語がスタートします。
このパズルというのがアメリカ国家機密の秘密コードで、誰も解読出来ないことを実証するために雑誌に掲載したものだったからさぁ大変!!
国は威信を賭けて少年を含む一家を抹殺しようとするのです!!
国が国家保護のために1人の罪のない少年を狙うなんて許せないと、ブルース・ウィリス演じるFIB捜査官はこの少年を守ることを誓います!
様々な、国家の抹殺計画から少年を守るブルース・ウィルスはカッコイイです。そして、相変わらずの強さです。
単純なストーリーで必要以上にアクションを盛り込んでいないので、割とアッサリを見ることが出来ました。
ブルース・ウィリスのアクション映画としては物足りないと感じるかもしれません。
ラストシーンは感動的で、ちょっとホロッをなります。少年役のマイコー・ヒューズは演技が上手いです!
全体的にはそこそこの出来だと思います。
でも、国家機密の暗号コードを雑誌に載せるか~とも思います・・・


実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[マーキュリー・ライジング] のレビューを読む

  1. 2005/03/03(木) 21:41:34|
  2. <ま行>|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

メン・イン・ブラック2

監督 バリー・ソネンフェルド
出演 ウィル・スミス 、トミー・リー・ジョーンズ 、ララ・フリン・ボイル

mib2.jpg             SF

          配役  ★★★★☆
          音楽  ★★★★☆
          概要  ★★★☆☆
          CG   ★★★★★

          おすすめ度  ★★★☆☆


前作のMIBから5年。待望の第2作目の登場です。
一応前作からの続き物です。
今回の敵は、セクシー宇宙人です。このセクシー宇宙人によってMIBのビル全体が人質にとられてしまいます。
1人難を逃れたエージェント「J」ことウィル・スミス。みんなを助け出しセクシーエイリアンを倒すべく動き出します。
しかし、仲間はみんな人質に・・・
そこで、彼が助けを求めたのは、かつての相棒で現在は引退して平穏な生活を送っているエージェント「K」ことトミー・リー・ジョーンズなのです。
再びタッグを組んで、セクシーエイリアンに挑みます!!!
しかし、前作のほうが面白かったと思います。何か分からないのですが、なんとなく物足りない感じというか・・・
妙にアッサリしている感じで、前作を見てなければ、これはこれで満足できたのかも知れません。
前作のほうがハラハラドキドキが多かったように感じます。
でも、今回は2人以外にも、パグ犬のエージェント「F」も登場して幅は広がっていますし、戦うための武器や、CGは格段にバージョンアップしており、単純に楽しめました。
パグがめちゃくちゃ可愛いです。変に生意気なところもサイコーでした。
何も考えずに、ワー!と楽しむと言う娯楽作品としては十分な出来です。
今回も、前作のスタッフそのままだそうで、製作総指揮をスティーブン・スピルバーグがやっています。


実は人気blogランキングに参加してます。このblogを気に入って頂けたらクリックしてね!
→ 人気blogランキング ←


[メン・イン・ブラック2] のレビューを読む

  1. 2005/03/02(水) 23:29:07|
  2. <ま行>|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
 次のページ >>

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。